読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「魔法少女まどかマギカ」を観て、家畜について考える。

要旨: 食肉にあたっては、人間の業と命のありがたみを感じていたい。

 まどかマギカを観た。
詳細は省くが、最も印象に残ったのは、キュウベエが言った
「君たちだって家畜を飼育して食べるじゃないか」
といったような主旨のセリフだ。

 我々は、生きるために動物性タンパク質を摂取する必要がある。
これだけ人間が繁殖してしまったからには、野生動物を狩猟して賄うのは無理だ。
だからこその家畜や養殖である。

 鶏、豚、牛には心がないだろうか? いや、ある(だろう)。
生まれた瞬間から「殺される」ことが運命づけられていることが、許されるのか?
自分たちが「より高度な知能・文明を持った地球外生命体」に飼育される、
そのような状況は 許容できるだろうか? 我々には人権がある?
彼らが地球人とは全く異なるコミュニケーション手段を発達させていて、
我々人類の言語を理解してくれなかった場合、
彼らから見た我々は、僕らから見た豚や牛と同じなのではないか?

 「イルカや鯨は知能が高いから、殺して食べてはいけない」?
心の有無、知能の高低のしきい値は、どこにあるのか?

 自分たちが生きるためとはいえ家畜・養殖は、
(極論すれば「罪」とまで言えるかもしれない)”業”を背負う行為だと言える。
我々は業を背負いながら、ありきたりな言い方だが「命に感謝して、命をいただく」
という気持ちを忘れてはいけない。

 そう考えると、食べ物を残すことは悪だし、 残虐な殺し方をするのはやはり悪だ。
大好きなフォアグラは、もう二度と食べないと誓った。

(「鋼の錬金術師」の作者が、
週刊少年サンデーで農業高校を舞台とした漫画「銀の匙」を連載しています。
そのなかで主人公は、食肉にする豚に名前をつけて飼育します。
私はこのくだりがとても好きです。 とても良い描き方をされていると思います。)